にきびの原因として

にきびの原因として

にきびの原因として言われるのが、角栓による毛穴の詰まりが、ニキビをつくらせる原因のひとつです。ついつい指で角栓を押して出してしまいますと、その場所にニキビ跡ができる原因になります。角栓を詰まらせないように、そして、悪化させない為には、十分に肌の保湿を行うこと、毛穴に皮脂が詰まらないようにすることが、必要不可欠です。
にきびへ対処も、エステサロンなどに行く時間のない人でも、工夫次第でにきび治療を家庭で実施できます。

 

 

自分の家で行うにきびケアならそれぞれの好きな状況でできる上、費用対効果も優れています。常日頃お肌の手当てをすることで、にきびを徐々に解消していきましょう。

 

10代には、チョコレートやスナック菓子を過食すると翌日にはニキビになっていました。食事がこのように関係するんだ、と認識したものです。

 

それ以降、年齢をかさねるとともに、食生活にも注意をし、チョコやお菓子などは口にしないようにしています。

 

そのせいかニキビもすっかり現れなくなりました。

 

このごろ、重曹を使ってニキビケアができるという話をよく聞きます。
弱アルカリ性の重曹が油分を分解する効力を発揮し、重曹を混ぜた洗顔料で洗顔すれば、汚れた毛穴や角質をお手入れすることができ、ニキビ治療に効果的に働くと期待されているのです。

 

ただし、重曹には研磨効果もあるので、洗顔に使用すると肌を傷める恐れもあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。ニキビと食事は切っても切れないほどつながっています。

 

食生活に気をつければニキビが減ることにもつながります。野菜中心のメニューで食事を採り、ビタミンやミネラルを意識して取りこむようにしましょう。
食物繊維が豊富な野菜中心の食生活は、便秘解消という観点でも、ニキビの改善につながります。